トラベラーズチェックの換金の話

私は20年くらい前に結婚して、GWに地中海へ新婚旅行に行きました。

日本を出る前に、30万円くらいをトラベラーズチェックにして、旅行に出かけました。

そこには10日間くらいしか滞在しなかったのですが、30万円は全て使ってしまっているものと考えていました。

それから半年くらい経った頃のことなのですが、たまたま引き出しの中から余っているトラベラーズチェックが出て来ました。

13万円くらいありました。これは換金するしかないと思い、すぐに銀行に持って行きました。

そして窓口で相談をすると、これは換金できないと言われました。

その理由は、トラベラーズチェックの下段に書いてある筆跡が本人のものではなかったからです。

名前は自分の名前でしたが、よくよく考えて見ると、私の名前を妻が全て書いていたのでした。それは筆跡が違うなと諦めることにしました。

そして銀行員の友人にすぐ電話をしました。すると彼はアドバイスをくれました。「その筆跡を練習すれば良い。」と。

確かにその手があったなと思い直して、私は妻の筆跡を一生懸命に練習しました。

そして満を辞して再度、銀行にトラベラーズチェックを持って行きました。念のためにと思って、住民票も区役所からとって来ていました。

そして銀行の窓口に行って相談をしたのです。しかしそれでもダメだと言うことでした。どうしても筆跡が違うと言い張るのです。

これはどうしようもないなと、やはり諦めることにしました。そして13万円が引き出しの中から出て来たことを妻に言いました。

いかにもついさっき見つけたんだよ、という雰囲気を醸し出しながら言いました。

すると彼女は翌日に銀行に持っていくと言いました。何かあったらいけないから住民票も持って行った方が良いよと、自分らしくない親切なアドバイスまでしてしまいました。

そして彼女は銀行に行ってから、家電量販店に行ったのだと思います。私がその夜に残業をして帰って見ると、新調された食器洗浄器が台所に置いてありました。