黒鯛が釣れて楽しい会話付き牛肉三昧

時間が空くと、近所の海岸に時々釣りに行きます。とはいえ、小魚ばかりの釣行です。

その釣り場で黒鯛が釣れるという話は時々聞いていたのですが、普通の海水浴場のそばです。

10m先で子供たちが波と戯れていますし、バーべキューをやっている若者たちもいます。釣れた事があるという話が、釣れるという話に大きくなっていったのだと思いました。

その釣り場で、黒鯛を何匹も釣ったことがあるという人と仲良くなりました。この人の話が楽しくて、これはこれで良い時間だったのですが、数時間後に奇跡が起こります。

釣法を教えてもらい、餌までいただいて釣り始めました。

その人は遠方から来ているようで、陽が落ちると帰っていきました。その人が帰った後に、竿がグイン!としなりました、黒鯛です。

悪戦苦闘しながら釣り上げた黒鯛は60センチ、なかなかのサイズです。その奮闘ぶりをバーベキューをやっていた若者たちが見ていて拍手喝采です。

誰しもがこんな場所で黒鯛が釣れるとは思わなかったのでしょう。正直、ちょっと有頂天になりました。

若者の一人が「これを刺身で食ったら旨いだろうな」と言ったので、私も自宅に戻り料理するより、ここで若者たちと食べた方が良いかなと思ったので、包丁があれば捌くけどというと、またまた拍手喝采です。

見よう見まねで黒鯛を捌くと、女の子たちが盛り上がってくれます。ちょっとした英雄気分を味わいました。上手くは捌けなかったけれど、とりあえず刺身の完成です。

釣れるなんてありえないと思っていた黒鯛を釣り上げ、知らない若者たちと一緒のバーベキュー。肉と黒鯛の交換みたいなもどです。

オプションにビールと若者たちの楽しい会話が付いてきました。久しぶりのバーベキューで、若い女の子たちとのたわいのない会話が滅茶苦茶楽しかったです。

一人寂しく釣りをしていた5時間前とは大違いです。帰宅してテレビをつけたら連敗していた御贔屓のプロ野球チームが大勝していました。

こんな幸運が続けてくる日があるのですね。ちょっと、忘れられない楽しい日になりました。